スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The祭2008~準備からオープニング

一挙に写真公開です(笑)

少し見づらいので、写真をクリックして、拡大してみてくださいね。

今年も祭は神事から始まりました。

ブースの開店準備をしつつ、演舞開始!!

総踊り、響'連さんと続き、祭スタートです♪

The祭08準備~オープニング

The祭2008~プロローグ

今回はThe祭2008までの会場設営についてお話しします。

毎年使っている舞台は、メンバーの手作り。
よさこいにっぽん北海道の持ち舞台なんです☆

でも、あんなに大きな舞台。置いておくのも一苦労なんです。
その舞台が置いてあるのがこちら↓
準備
右に見える、廃校の体育館を利用して保管させていただいています。
そこからメンバー総出で運びだしです。
その数、4tトラック5台分!!
男も女も、おじさんも子どもも、みんなで一つの舞台を作り上げます。

舞台設営1

今年はAze先生の弟さん( 画面左側 )達の協力で、あっという間に完成。
男が惚れそうになるいい男です♪
あの光治さんも大のお気に入り☆

舞台設営2

そして、日が暮れる頃には舞台が出来上がっていきました。


例年、この作業を祭開催日の1週間前の土日にやるのですが、
夜はいつも土曜のステージのリハーサルがあるんです。
そこじゃないと、みんなで踊りを合わせる事が出来ないですからね。

そして、舞台作りは裏方衆へ。
いつもはDENKAとひろちゃん(レイチルツアー参加者はバスで逢えるよ♪)、
ただっちやちゃみとそして・・・
光治さん
でした。

いつもと違うその感覚に寂しさを感じつつも、夕日の中から見てるようなそんな気がして・・・。

こうやって、The祭は創り上げていきます。

The祭2008~後記その2~

北海道より始まったプロジェクト。
「レインボーチルドレンプロジェクト」

昨年はスガジャズダンス北海道スタジオのレッスン生で
20名近い子どもたちが踊ってくれました。

今年のThe祭の目的の1つが

「子どもたちのために」

ヒーラーのmiraさんの元には、kojiさんから「子どもたちに踊ってもらいたい」との
メッセージもやって来ました。

子どもよさこい

子どもたちが発する光は、周辺を暖かく包み込み、すべてを癒す。そんな感じでした。

なんてったって、かわいいんですもの


その、北海道から始まったプロジェクトも、今や全国規模に展開中。

この夏、レインボーチルドレンたちが、高知の夏を盛り上げます。

そして、北海道から高知へ数名の踊り子が「よさこい祭」に参加します。

北海道から車 → フェリー → バスを乗り継ぎ、片道30時間以上の長旅です。


ぜひ、全国のみなさまも一緒に踊りませんか?

新潟からバスツアーも企画していますので、そちらもご利用ください。

『レイチルバスツアー』
8/7 夕方or夜、新潟駅前出発
8/8,9 IZANAIアカデミーで直前合宿
8/10,11 高知市「よさこい祭」へ参加
8/12 午前中に香川を出発→夕方、新潟へ

料金は28,000円を予定。参加者数によって変動する場合がございます。

内訳 @新潟から高知の往復交通費 
   @アカデミー宿泊費(8/8~11) 
   @合宿レッスン費 
注:料金に食費、お小遣い、よさこい祭への参加費は含まれておりません。

このツアーは新潟からAZE先生とスタッフ1名が同乗して香川まで行きます。
合宿、よさこい祭にはIZANAIのスタッフが付きますので、ご安心ください。
宿泊はIZANAIアカデミーを予定。そこでみんなでご飯を食べ、踊りの練習もします。
高知の夏は暑いですが、スタッフが万全の準備で皆様をお迎えしますので、
ご両親の皆様は安心して、送り出してあげてくださいませ。
子どもたちにチャンスを与えてあげられるのは、親の心一つですからね。

祭の詳細はこちらへ↓

第55回よさこい鳴子祭および全国大会への参加してみませんか?
http://www.suga-izanai.org/japanese/news_20080601.html


ツアーについての詳細、よさこい祭へ参加希望のみなさまは
IZANAIアカデミー 0877-86-6791 小林
高知スタジオ   088-833-0301 斎藤
まで、お問い合わせください。

The祭2008~後記~

五大元素プロジェクトの一つ、「火」の踊り

火-2


よさこいにっぽん北海道の踊り子が、まさに「火」のように熱く燃え上がる踊りを踊りました。

それはまさに、生のエネルギーを感じさせるようなものでした・・・。

生きてるってこんなに熱いんだ、とこの踊りを見て、私は感じました。


人は、なにがあっても、生きている・・・。それが大事なんですね。

生きているからこそ、次の幸せがある

祭会社


ありがとう。

The祭2008無事終了

あっという間にThe祭2008は閉幕いたしました。

笑いあり、涙あり、感動ありの2日間でした。

詳しい詳細は後日。

来ていただいた皆様、ありがとうございました。

火
Search ブログ内検索
愛するIZANAI人達
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。