スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病魔に襲われたわが家のその後・・おみゅう

国学院の若者の息吹を身近に感じたい私ではありますが・・・
皆様、お元気でしょうか?

さて、光聖のおたふく顔が普通の顔にもどりつつある週末、
今度は、真帆が熱を出しました。
この週末はとうとう、札幌のおじいちゃん、おばあちゃんにヘルプ!
1週間、いてもらいました。
光聖の登園と前後して、今度は、パパが化膿性扁桃炎。
バンバン上がっていく熱に、体温計が壊れやしないかと思うくらい。
(電子体温計なので、表示される数字も、味気ないけど・・)
地震かと思うくらいの悪寒による震えと、その後の発熱
これを何回か繰り返してすっかり、廃人になり、私の病院へ・・

その間、子供らは徐々に元気になりましたが、
夫の看病に手を取られる私を、何とか自分に構って欲しくて、
二人とも、大した甘えん坊の、言うこと聞かなん坊になっていました。
私はヒステリーを起こしていたみたいです。

夫が1週間かけて、回復してきたころ・・
私と真帆が相次いでおたふくに。

これが、最後!これが最後!と思いつつ、とうとう、自分が欠勤しました。
大人のみなさん、小さい頃やってない感染症は予防接種をしましょう。
うん千円はかかるが、実際、罹患すると辛いです。

約6週間、誰か彼かが熱をだし、交互に病人をやっていたわが家に、春は来るのでしょうか・・・
厄年ではないのだけれど、厄払いをしなければ!
自分が健康でないと、周りの人に愛を持って接することが難しいと、
・・・・つくづく感じました。家族だから(?)許してもらってますが・・・
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Search ブログ内検索
愛するIZANAI人達
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。